スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
犬が認知症かどうか簡単に判断するには
人も犬も高齢になると何かと心配ごとが増えます。

中でも初めて見たときにびっくりしてしまうのが、
部屋の中を犬がぐるぐると徘徊しだしたときです。

高齢になってぐるぐると徘徊しだすと、やはり認知症を
疑ってしまいます。

犬が認知症の症状がでだしたのか判断するには、
犬の名前を呼んでみるのが分かりやすいです。

名前を呼ばれて振り向くようであれば、認知症では
ないと考えられます。

認知症の症状であれば、名前を呼んでも反応がなく、
夜中に急に吠えだしたりします。

では、なぜ犬は部屋の中をぐるぐる徘徊しだしたのでしょう?

これはストレスが原因と考えられる常同行動と言われるものです。

認知症ではありませんので、脳は正常で飼い主さんも覚えています。

よくあるケースでは、飼い主が急に転勤で居なくなったり、
結婚して離れたりしたときにおこりやすいようです。

主従関係を確立できてず犬を甘やかせて飼っているケースほど、
飼い主と離れたときのストレスが大きく情緒不安定になります。

結果的に大事な愛犬を苦しめることにもなりえるので、
普段から注意したいですね。

まずは飼い主さんから自立して、愛犬とともにより良い関係を
構築しましょう。

スポンサーサイト
[2013/05/20 23:40] | 犬の話 | コメント(0) | page top
口のまわりを舐めてくる犬に効果的な2つの方法
帰宅したときに犬が玄関まで出迎えに来てくれるのは、
犬と一緒に暮らす中で喜びを感じる瞬間のひとつですよね。

ただ、その都度、口のまわりを舐められて困るのも確かです。

犬が顔を舐める行為は、オオカミ時代からの名残で、
飼い主に対する甘えの表現のひとつでもあります。

他にも、野生時代は、母犬が食べて吐き戻した食べものを
子犬は離乳食として食べていたので、ご飯をねだる意味も
あるようです。

舐めさせてあげればいいのでは?という方もいますが、
困った点もあります。

犬はお散歩のときにオシッコのにおいを嗅いだり、口の中の細菌も
多いため、舐められるのは決して衛生的ではありません。

家族ならまだしも、来客の方に舐めたりする可能性もあるので、
完全に止めさせるというよりは、常に愛犬の行動を飼い主さんが
コントロールしておく必要があります。

口のまわりを舐める犬に効果的な方法を2つご紹介します。

    飼い主が自分の手の甲を口にあてる
    舐めようとしてきたら「オスワリ」の指示をだす

手のひらですと後から手を洗えばいいので衛生的です。
犬も存分に舐められます。

「オスワリ」の指示ですが、別の指示をだして犬の気を
まぎれさせることが狙いです。

その際、ちゃんとオスワリをしたら褒めてあげましょう。

舐めさせること、別の指示をだすこと、この2つの行動は
飼い主さんがうまくバランスをとってあげましょう。
[2013/05/13 23:14] | 犬の話 | コメント(0) | page top
犬の老化の兆候に気がつく5つのポイント
一般的に小型犬や中型犬は7才頃から、大型犬は5才頃から
(人でいう45~50才頃)から老化がはじまると言われます。

愛犬に健康に長生きしてもらうためには、普段から飼い主が
犬の老化の兆候を見逃さないようにすることが大事です。

一般的な犬の老化の兆候は次の5つです。

    7才を過ぎてから太りだした
    人に触られるのを嫌がるようになる
    名前を呼んでも振り向かず、近づくと急に吠えだす
    モノにぶつかるようになる
    トイレの失敗をしたり、ボーとする時間が増えた
太りだすのは老化の兆候です。
少しずつお腹まわりに肉がついてきます。

太りだす原因は、筋肉が落ちて運動量が減り、
基礎代謝が低下して消費カロリーが減るためです。

触られるのを嫌がるときは、どこか痛む箇所があると考えられます。
老犬になると腰痛・関節炎も増えてきます。

急に攻撃的になったように感じますが、早いタイミングで
病院に連れていっておきましょう。

呼んでも反応が鈍くなるのは、聴力の衰えも考えられます。

近づく足音が聞こえないので、びっくりして吠えることもあります。

床を叩いて振動で指示を伝えたり、ハンドサインでしつけておくことも
おすすめです。

モノにぶつかりだしときは、白内障の可能性があります。
痛みはありませんが、年齢とともに視力が徐々に下がってきます。

普段から目をみて、変化にできるだけ早く気づいてあげたいです。
健康なときから、目のサプリメントでサポートすることも重要です。

トイレの失敗やボーとしてることが増えると、認知症の可能性もあります。

声をかけたり触ってあげたり、音楽を聞かせるのもおすすめです。

犬の場合、人に比べて寿命が短い分、老化の進行も早く感じます。

これらの兆候をできるだけ早く気づき対処できるためにも、
可能な限り一緒にいてあげる時間を増やしてあげたいですね。

[2013/05/06 23:15] | 犬の話 | コメント(0) | page top
避妊手術をすることの良い点と悪い点について
メス犬と一緒に暮らし始めると、避妊手術をするかしないか、
という問題に頭を悩ませることがあります。

どちらを選んだとしても、良い点と悪い点はあるので、
何を基準に考えるかによって意見はわかれます。

例えば、"犬の健康と長寿"を軸に考えた場合、良いのは
"避妊手術"をして"室内"で暮らすことになります。

統計上、平均寿命が2~3年伸びるようです。

避妊手術は、おなかを切開して卵巣と子宮を摘出するので、
体にかかる負担は大きいです。

小さな子にメスを入れるのは考えるとぞっとしますが・・
将来の病気のリスクを軽減し長生きすることを考えると、
賛否両論あると思いますが得策といえます。

避妊手術の良い点と悪い点について3つずつあげます。

良い点

    将来の病気のリスクを軽減できる
    発情期のメス犬特有のストレスを回避できる
    予定外の妊娠をしなくてすむ

悪い点

    太りやすい体質になる
    全身麻酔のリスクがある
    手術後の痛みによるストレスがある

避妊手術のもっとも良い点は、メス犬特有の病気、子宮蓄膿症や
乳がんなどの病気のリスクが軽減できることでしょう。

メス犬は、年に2回の発情期があり、この時期怒りやすくなったり
情緒不安定になり、ストレスを感じやすくなります。

これを回避できるのも大きいです。

悪い点としてあげられるのは、一時的にホルモンバランスが
崩れて太りやすくなります。

今までと同じカロリーのご飯をあげていると
どんどん太ってくるので注意が必要です。

体質が変わるため、必要なエネルギーが大幅に減ります。

あと、犬にとって全身麻酔はリスクを伴いますし、
手術後の痛みも相当なストレスになってきます。

最終的に、何を軸に優先するかで避妊手術をするかしないか
変わってきます。

どちらを選択するにせよ、飼い主さんが責任をもって
最後まで愛犬の世話をすることが一番大事です。


[2013/05/03 23:07] | 犬の話 | コメント(0) | page top
呼んでも聞こえないふりをする犬を呼びもどす方法
子犬のころは名前を呼べばすぐに戻ってきた犬も、
成犬になると呼んでも戻ってこないことがあります。

原因は3つ考えられます。

1.権勢本能が発達し、我が強くなっている。

2.犬が何かに夢中になって遊んでいるとき。

3.呼ばれているのわかっているが、わざと聞こえないふりをする。


我が強くなって言うことを聞かないときは、根本的な部分から
主従関係を作りなおさないといけません。

2つ目は飼い主さんも一定の理解をしてあげる必要もあります。

犬は何才になっても遊ぶことには夢中になりやすく、興奮しすぎると
飼い主さんの声も耳に入らなくなる傾向があります。

3つ目の犬がわざと聞こえないふりをする理由ですが、飼い主さんが
行動を改善することで簡単になおることがあります。

例えば、公園やどこかに遊びに行って帰るとき、犬を呼びもどした
途端に帰ったりしていませんか?

犬の気持ちは「飼い主さんに呼ばれて戻ると、楽しい遊びの時間が
終わってしまう・・」と記憶しています。

そのため、わざと聞こえないふりをする犬がいます。

改善策は、犬を呼びもどしてもすぐに帰ろうとせず、
呼んで戻ってきたことに対して褒めてあげることです。

結果、犬は褒めてもらえることを記憶するので、
聞こえないふりをすることもなくなってきます。

ちょっとした工夫で飼い主さんも犬もお互いストレスを
軽減できるので、ぜひ試してみて下さい。

[2013/04/22 23:53] | 犬の話 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。