FC2ブログ
おなかはなぜ鳴るの?
おなかが空くと、おなかがグーと鳴ったりしませんか。

これはどうして鳴るのか、ご存知でしょうか。

空腹を感じるのは、決して胃袋が空っぽだからではありませんよ。

これは、脳に送られるブドウ糖が減ったから起こる反応なんです。

脳はブドウ糖をエネルギー源としているんです。

それで、ブドウ糖(血糖値)が低下してくると、脳の摂食中枢はブドウ糖を取り入れようとして、食事を取り入れる準備をするように、体(自律神経)に働きかけるんです。

それで、胃が食事を取り入れる準備をするために、消化液で分解した胃の中の内容物を、十二指腸に送って、次にやってくる食べ物に備えようとしているんですよ。

このときに、胃の中をからっぽにしようとして、とても激しく収縮運動をするんですよね。

胃腸は常に、内容物を肛門の方へと送り出そうと動いているんですけど、この空腹時収縮のときには、特に大きな収縮をするんです。

普段の食後などは、2mm以下くらいに分解されたものしか送り出そうとしないんですけど、このときは、誤食したコインやビー玉くらいの大きさでも、どんどん肛門の方へ送り出していくんです。

それで、胃に残っていた内容物や空気も一緒にどんどん送り出すので、グーっとなったり、ゴロゴロ…、キュルキュル…っという音が鳴ることがあるんですよ。(笑)

お腹を壊したときも、キュルキュル…っと鳴るときはありますけどね。。

この空腹時収縮は、胃や腸に残った内容物の他にも、腸管の老廃物なども一緒に肛門へと送り出しているんです。

だから、このようにおなかが鳴るのは、胃腸の収縮運動が正常に動いていて、とっても健康な証拠なんですよ。

このような胃腸の収縮する運動のことを、ぜんどう運動と言います。

逆に、この腸のぜんどう運動が鈍くなると、便秘になってしまいます。。

これは、腸内に善玉菌が多いときは、腸内が酸性になるので、腸が刺激を受けて動きが活発になるんです。

でも、悪玉菌が多いと、腸内はアルカリ性になるので、腸が刺激を受けにくいので、便秘になりやすいんです。

だからといって、酸性の物ばかりが良いと言うわけではありませんし、アルカリ性が良いということもありません。

食事はバランス良く摂取することが大事なんですよ。(b^-゜)

(おまけ)

脳はブドウ糖が減ってくると、体に食事の準備をするように働きかけますけど、それでも摂取できない場合には、体の筋肉を潰してアミノ酸に分解して、アミノ酸からブドウ糖を合成して脳に供給しようとするんですよ。

これは、脳が心臓を動かしたり、呼吸をしたりなど、生命の維持に最も重要な大事な部分なので、あらゆる手段を使って、ブドウ糖を摂取しようとしているんです。

そして、さらに体温や心拍数数を下げてエネルギーの消費量も少なくしようとするんです。

だから、犬や猫のダイエットのために、急に絶食をさせることは、体への負担が大きいんですよ。

また、ご飯を急に抜いたりすると、脳の防衛本能が働いて、カロリー吸収効率をさらに上げてしまって、さらに脂肪を蓄積しやすい体質にしてしまうので、リバウンドの原因になってしまい、余計に痩せにくく体質になるんです。。

ダイエットは、時間をかけて徐々に食事量を減らす分、回数を増やすなど、心身ともに負担のないよう少しずつおこなうことが大切なんですよ。
スポンサーサイト



[2010/11/09 11:17] | 店長の独言 | コメント(0) | page top
| ホーム |