FC2ブログ
お笑い番組を見ると、癌細胞は小さくなる?
人間や動物には、生まれながらに免疫力が備わっています。

この免疫力というのは、体内に細菌やウイルス、その他の異物が侵入したときにやっつけようと働く機能のことなんですよ。

この免疫力は、高齢になるとだんだん弱くなっていきます。

犬や猫は7才を超えると、癌(がん)の発症率が急に高くなり、年齢を重ねるほどに、ますます発生しやすくなります。

これは、白血球の中でも、特にナチュラルキラー細胞(NK細胞)の働きが鈍くなるからなんです。

急に難しい言葉が出てきましたね。。

免疫機能の主細胞となる白血球にも、いろんな種類がありまして、細菌やウイルス、埃やゴミなどの異物をパクパクと食べ続けるアメーバ状のものから、抗体と言われる攻撃ミサイルを出して攻撃するものや、ウイルスなどに直接攻撃をしかけるものなど、様々な種類が存在しています。

ナチュラルキラー細胞は、直接攻撃をしかける、その名の通り、体の中にいる殺し屋さんなんですよ。(笑)

癌細胞は、細胞分裂のときにできる失敗作なんですけど、若いときでも癌細胞は、常に作られています。

でも、若いうちはこのナチュラルキラー細胞の数も多く活発なので、常に体中をパトロールしながらやっつけているので、増殖することがありません。

それで、このナチュラルキラー細胞の働きが鈍くなると、どんどん癌細胞への抵抗力が低下してしまうことになるんです。。

体内の免疫機能には、このナチュラルキラー細胞以外にも、たくさんの免疫細胞が存在していて、常に自己か非自己かを判別して機能しています。

通常、体内で非自己の細胞を見つけると、いろんな種類の免疫細胞を総動員させて、集中攻撃をおこなうんです。

それで、非自己の細胞が増殖してしまうことはありません。

白血球は、常に新しい敵と戦うたびに、進化していくんですけど、この癌細胞も白血球に見つからないように、常に進化を続けていくんですよね。。

そして、非自己ということが見つからないものだけが体内に残って増殖していくんです。

非自己ということが見つからなければ、体は免疫機能を働かせることができません。

癌細胞は、敵でも見方でもないように存在を続ける、とっても憎たらしいやつなんです。。

でも、ナチュラルキラー細胞だけは、自己の細胞であっても、細胞に寄生した強力なウイルスや、癌細胞など、自己の細胞に異常を見つけると、単独でどんどん攻撃をしかていく、とっても優秀な免疫軍団のエースなんです。

体の免疫機能は、細菌やウイルスと戦うための武器(抗体)ができるまでに、数日~数週間の日数がかかります。

でも、このナチュラルキラー細胞は、生まれながらに殺傷能力を持っているので、常に体中をパトロールしていて、ウイルスや細菌に感染した細胞を、どんどん攻撃してくれるんですよ。

だから、ナチュラルキラー細胞の活性化は、非常に大事なんです。

風邪を全然引かない人っていませんか。

このような人は、ナチュラルキラー細胞がとっても活発な証拠なんですよ。

でも、このナチュラルキラー細胞の活性化は、自律神経の働きと密接に関わっているので、就寝や起床時間が不規則だったり、ストレスを溜め込んでいると、働きはどんどん鈍くなってくるんですよ。

でも、笑うことで、このナチュラルキラー細胞が活性化することが科学的にも分かっています。

癌患者にお笑い番組を見せると、癌細胞が小さくなったという研究結果も出ているんですよ。。

また、サプリメントではアガリクスやプロポリス、霊芝やフコイダンなどは、このナチュラルキラー細胞を増やして活性化することで大変有名です。

他にも、ウォーキングなどの有酸素運動やマッサージ、岩盤浴や森林浴も、自律神経が刺激されて、ナチュラルキラー細胞の活性化に有効なんですよ。

ナチュラルキラー細胞は癌の他にもいろんな感染症の病気予防に繋がります。

だから、毎日犬と一緒に公園へお散歩に出かけたり、お部屋の猫と遊んであげることは、健康増進にも繋がるんですよ。

病気は予防が大切なんです。(b^-゜)
スポンサーサイト



[2010/11/26 12:03] | 店長の独言 | コメント(0) | page top
| ホーム |