スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
犬や猫が健康になれる“質の良い睡眠”をとるための3つのポイント
愛犬愛猫の寝顔は、ほんと可愛いですよね♪
見てるだけで癒されます

寝顔をよーく観察してると、ときどきぴくぴく動いたり、
前足を引っかくようなしぐさをしたりします。

人間と同じで犬や猫も「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」があります。

眠りが浅い時は“レム睡眠”で、
脳も体も休んでいる熟睡状態が“ノンレム睡眠”です。

犬や猫は、“レム睡眠”や“ノンレム睡眠”のサイクルが
人間に比べて短くすぐに切り替わります。

実際に熟睡している時間は3時間くらい、と言われてます。

“レム睡眠”の時に夢を見るのは、犬や猫も人間と同じようです。

さて、生きる上でとても重要な睡眠ですが、
ただ長く寝ればいい、というわけではありません。

ポイントは“質の良い睡眠”が必要です。

では、どうすれば“質の良い睡眠”がとれるのでしょう?
ポイントは3つです。

  • ハウスは、車の走る音やテレビの音が聞こえない静かな場所に置く
  • 寝る時は部屋を暗くし、できればカーテンを開けておき、朝、
    太陽の光を感じられるようにする
  • 昼間はお昼寝ばかりさせず、適度な運動をさせる

まぁ、人間と同じですよね。
あと、夜更かしもよくありません。

ペットも人間と同じで体内時計がくずれて
ホルモンのバランスがくずれてしまいます。

飼い主さんのちょっとした工夫で、ペットも質の良い睡眠がとれます。
是非試してみて下さい。

スポンサーサイト
[2011/04/28 23:15] | 犬と猫の話 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。