FC2ブログ
犬が自分の方が地位が上だと思ってる時にする行動
皆さんのお家では、愛犬がローカに横たわって、
通路を通せない様に寝そべってることはありませんか?

もしあったら、犬はあたなのことを自分より地位が下だと
見ています。。

どかせようとしても言うことを聞かず、
ぴたりとも動かないことがあります。

このケース、家の主(父親)を群れのリーダーとして見ており
自分(犬)がナンバー2と思ってることがあります。

そのため、父親のいない昼間など、犬は自分の許可なく下の者が
勝手に行動するのを止めさせようとする目的で通路を通れなく
しようと行動します。

あと、お風呂に入ってる時、お風呂の前で待ってる犬もいますが、
実は、待ってるのではなく監視してる、、という場合もあります。

家庭内での正しい順列を教えるには、普段の行動から
変化させる必要があります。

お散歩する時、食事時、遊ぶ時、母親や子どもがリーダーとして
犬を管理してるということを犬に教える必要があります。

犬に余計なストレスを与えないためにも、とても重要です。

犬は頼れるリーダーと一緒に暮らすことを望んでいます。

犬が可愛くても甘やかしてばかりでは、犬はあなたに頼ることはできません。
順列も下にみるでしょう。

可愛いからこそ、犬が安心できるリーダーになってあげましょう♪


スポンサーサイト



[2011/07/14 08:00] | 犬の話 | コメント(0) | page top
| ホーム |