FC2ブログ
他の犬に対して吠えない様にする2つのポイント
人間にもいろんな性格があるように、犬もいろんな性格があります。
同じ犬種でも、攻撃的な子もいれば温厚な子、やんちゃな子や
臆病な子など様々です。

どんな性格であっても一緒に暮らせば可愛いものですが、
困ったことも出てきます。

中でもお散歩時、他の犬とすれ違った時に吠えだす犬は困ったものです。

他の犬を見て吠えだす犬は、攻撃性をアピールしてるのか
自分が気が弱く相手に怯えて警戒して吠えるか、
他の犬と遊びたくて吠えるか…などですが、
一般的には警戒して吠えるケースの方が多いようです。

特にチワワのような小型犬は、体が小さいので警戒心は強く、
以外?と勇敢な性格の場合が多く、大型犬に対しても吠えて
相手を威嚇をすることがあります。

また、人気のミニチュアダックスなどは猟犬なので
吠えて飼い主さんに知らせる習性があり、元々吠えることが
仕事だったりする犬種もあります。

飼い主の立場からすると、お散歩時にすれ違った犬とは
仲良くしてほしいものですが、お尻のニオイを嗅がれる
だけで相手を威嚇して吠える子もいます。
(人間でいえば挨拶ができない、、ということです)

他の犬と仲良くできないのは、飼い主として心配ですよね。。
でも、普通のお散歩の中では、全てのすれ違う犬と仲良くする事よりも
「吠えないで普通にすれ違えること」が一番大事です。

また、接触を好まない飼い主さんもいるので、相手が友好的でなければ
近づかせないこともマナーの一つです。

ですので、まずは「吠えないですれ違えること」を目標にしましょう!

他の犬に対して吠えない様にするには、
2つのポイントがあります。

  • 「オスワリ」「伏せ」「待て」などしつけの基本を身につける
  • 「友好的な犬」を見つけ、少しずつ一緒に散歩などをして慣らす

まず、他の犬と一緒に遊ばせるといっても
すぐに出来るわけではないので、
少しずつ慣れさることが大事です。

最初のうちは、他の犬を見るとすぐに吠えるはずです。
その時に、「オスワリ」などの指示をだして落ち着かせます。

犬の意識を反らせるようにします。

そして、大人しく「オスワリ」が出来ればご褒美をあげるなど
思いっきり褒めてあげて下さい。

すぐに出来ないかもしれませんが根気よくしてみて下さい。
犬も少しずつ学習してきます。

普段から飼い主さんの指示に従わせるように
訓練しておくことで、いろんな場面で生かすことができます。

やっぱり何事も基本が大事ってことですね♪

スポンサーサイト



[2011/07/25 21:52] | 犬の話 | コメント(0) | page top
| ホーム |