FC2ブログ
犬や猫の貧血について
皆さん、犬や猫も貧血になることがあるのをご存知でしょうか?

貧血とは血液中の赤血球が少なくなった状態のことです。

赤血球は体全体に酸素を運ぶ役割がありますが、赤血球が少なく
なることで、体内の細胞が酸欠状態になり貧血の症状が現れます。

人間の場合、貧血になると気分が悪くなり、血の気が失せて
全身に力が入らなくなるようです。

犬や猫の場合も、人間と同じように貧血の症状があります。

犬の場合、お散歩時に急に座り込んだり、ぐったり地面に伏せて
しまったときは、貧血の可能性があります。

猫の場合、急に倒れたり、体を触っても動かないときは
貧血の可能性があります。

歯ぐきの色が血の気がなく、白っぽいときは貧血の可能性大です。

もともと貧血ぎみの体質の子もいますが、慢性腎不全を
患っていることもあるので、症状が出た場合は獣医さんで
診てもらいましょう。

犬や猫の貧血ですが、まだはっきりとした原因が分かっていません。

「免疫介在性溶血性貧血」というもので、簡単にいうと
本来自分の体を守る"免疫"がなぜか赤血球を攻撃する、というものです。

ちなみに、犬や猫がタマネギや長ネギを食べると血液中の赤血球が
壊れてしまい、貧血や血尿、下痢・嘔吐を引き起こすことがあります。

こちらは飼い主さんが注意していれば、防ぐことが可能です。

早めに獣医さんへ連れて行く、タマネギ系のものは与えないなど、
普段から愛犬・愛猫を観察しケアしてあげましょう♪


スポンサーサイト



[2011/09/05 21:05] | 犬と猫の話 | コメント(0) | page top
| ホーム |