FC2ブログ
人間と大きく違う猫に必要な栄養素とは
当然と言えば当然ですが、人間と猫では必要な栄養素の
バランスが違います。
(猫に必要な栄養バランスは幼犬に似ています)

人間と大きく違うのは、健康に生きるために必要な
タンパク質と脂肪の摂取量です。

まず、タンパク質の摂取量についてですが、野生の獲物を取る
わけではない現代の猫も、基本的に肉食です。

そのため、動物性食物からタンパク質を多く摂る必要があります。

タンパク質とは、約20種類の必須アミノ酸が組み合わさって
できたもので、筋肉や骨、器官など体の組織の成長には
欠かせない栄養素です。

タンパク質は体内に入るとアミノ酸によって分解され、
血液に吸収されて細胞に運ばれていきます。

タンパク質の摂取量が少ないと、毛艶が悪くなったり、
体重減少や食欲減退などの症状が現れます。

次に、脂肪の摂取量についてです。

人間の場合、炭水化物をエネルギー源にできるので、
脂肪を過剰摂取するのはよくありません。

しかし猫の場合、炭水化物をエネルギー源にすることが
上手くできないので、脂肪は重要な栄養素になります。

脂肪は、肉などに含まれる動物性脂肪と豆などに含まれる
植物性脂肪があります。

一般的に言われる三大栄養素(タンパク質、炭水化物、脂肪)
のひとつです。

あと、猫は体内でビタミンAやタウリンを作ることができないので、
フードで補ってあげることが重要です。

タウリンとは、魚介類に多く含まれるアミノ酸の一種ですが、
タウリンが極端に減少すると心臓疾患など様々な病気を引き起す
可能性が高まるので注意が必要です。

細かくあげれば、違いはまだまだありますが大きな違いを
2つご紹介しました。

私が子どもの頃は、人間のご飯の残りを猫にあげたりしていましたが、
やはり猫には猫のご飯が必要ですね♪


スポンサーサイト



[2011/09/12 21:58] | 猫の話 | コメント(0) | page top
| ホーム |