FC2ブログ
犬のお産が軽い理由
人の場合、昔から妊娠をすると「帯祝い」という風習があります。

これは、安産を願ってお産の軽い犬にあやかり妊娠5か月目の
戌の日お祝する行事です。

でも何匹もいっぺんに出産する犬がどうしてお産が軽いのでしょう?

それは、犬の妊娠期間が平均64日と短く、子犬は未熟な状態で
生まれてくるからなんです。

人の赤ちゃんは、大人の約20分の1の体重ですが、
子犬は成犬の100分の1程度の犬種が多いのです。

そのため、お腹からスムーズに出てくるのでお産も軽くなります。

ただ、超小型犬の場合、母親と子犬の体重差がそれほどないこともあり、
難産の犬も増えてきているようです。。

ちなみに、もともと肉食動物だった犬は妊娠期間が短いのですが、
草食動物の牛や馬は妊娠期間が約300日もあるんですよ!
スポンサーサイト



[2012/01/11 21:06] | 犬の話 | コメント(0) | page top
| ホーム |