FC2ブログ
人と犬の信頼関係が生まれたきっかけとは
人と犬の関係、歴史を探ると数万年前まで
さかのぼることになります。

私たちの祖先の時代に犬の祖先であるオオカミと
出会ったことがきっかけと言われています。

結果、人は子孫を残して生き延びることができた
わけですが、人と犬(オオカミ)の関係を話す上で、
面白いエピソードがあります。

当時、人の祖先にもいくつかの人種がありました。

そのうち、現代まで唯一生き延びたのは犬(オオカミ)と
一緒に暮らすことを覚えた人種だけが生き残ったのです。

他の人種は全て滅んでしましました。

なぜ犬と一緒に暮らした人種は生き残れたのでしょう?

これは、犬の鋭い聴覚や嗅覚のおかげで、夜間でも身を守ることが
できたり、一緒に獲物を探すことも可能になり、羊や牛などの家畜の
群れをまとめることもでき、過酷な環境変化にも対応できたことが
要因と言われています。

では、どのようにして犬(オオカミ)と信頼関係を築いたのでしょう?

これは、その人種が犬(オオカミ)のケガの手当てをしたり、
エサを与えたりしながら信頼関係を構築
したようです。

もともと人の周りには食べ残しがあったわけで、それを求めて
犬(オオカミ)も近づいてきたようです。

また、人も犬(オオカミ)もグループ生活をする生き物のため、
一緒に暮らすこともスムーズだったようで、お互いのウィーク
ポイントをうまくカバーし合えたわけですね♪

スポンサーサイト



[2012/02/28 18:00] | 犬の話 | コメント(0) | page top
| ホーム |