FC2ブログ
他の犬に吠えないようにする2つの方法
人と同じで、犬もいろんな性格の子がいますね。。
同じ犬種でも、おとなしい子もいればわんぱくな子もいたり、
臆病な子もいたり様々です。

どんな性格であってもみんな可愛いですけどね。

ただ、性格はどうであれ他の犬とすれ違った時に
吠えだす犬は困ったものです。

他の犬を見て吠えだす犬は、攻撃性をアピールするか、
警戒して吠えるのか、一緒に遊びたくて吠えたりしますが、
中でも警戒して吠えるケースが最も多いようです。

特にチワワのような小型犬は、体が小さいので警戒心は強く、
以外?と勇敢な性格の子が多く、大型犬に対しても吠えて
相手を威嚇をすることがあります。

ミニチュアダックスなどは猟犬なので吠えて飼い主さんに
知らせる習性があり、元々吠えることが仕事だったりする
犬種もあります。

飼い主の立場からすると、お散歩のときにすれ違った犬とは
仲良くしてほしいものですが、お尻のニオイを嗅がれる
だけで相手を威嚇して吠える子もいます。

犬も飼い主もいろんな性格の方がいますので、無理に仲良く
するよりも、まずは「吠えないで普通にすれ違えること」が
大事です。

接触を好まない飼い主さんもいるので、相手が友好的でなければ
近づかせないこともマナーです。

他の犬に吠えないようにする2つの方法をご紹介します。

  • 「温厚な犬」と一緒に散歩をして慣らす
  • 「オスワリ」「伏せ」「待て」しつけの基本を身につける

温厚な犬と接することで、少しずつ慣れさることは有効です。

はじめのうちは、他の犬を見るとすぐに吠えるはずです。
その時に「オスワリ」の指示をだして落ち着かせます。

おとなしく「オスワリ」が出来ればご褒美をあげたり
褒めてあげて下さい。

普段から飼い主さんの指示に従わせるようにしておくことで、
いろんな場面で生かすことができます。

ぜひ、試してみてください!
スポンサーサイト



[2012/04/11 18:00] | 犬の話 | コメント(0) | page top
| ホーム |