FC2ブログ
犬がにおいを嗅ぐ理由
犬はにおいを嗅ぐのが大好きです。

お散歩にいっても、飼い主さんが主導権を握らなければ
ずっとにおいを嗅いでます。

はじめて会う人やはじめて会う犬に対しても
においを嗅ぎます。

これは犬にとっての挨拶で、相手のことを知りたい現れです。

犬にとって家に来るお客さんは、いわば自分の縄張りに
入ってきた部外者です。

飼い主さんが仲良くしてる様子をみて、
自分も相手のことを知りたいと思うわけです。

人は相手の顔を見て表情を伺いますが、
犬は嗅覚を使ってにおいで相手の様子を伺います。

ちなみに、犬同士が挨拶するときはお尻のにおいを嗅ぎます。

お尻のまわりの肛門腺(こうもんせん)から犬特有のにおいが
でているためお尻のにおいを嗅ぐわけです。

お散歩中に会った犬やドッグランなど、犬の交流のときは
必ずお尻のにおいを嗅ぎ合ってます。

においを嗅いでるときは、犬もまだ警戒心が強い状態なので
あまり犬の体を触らない方がいいです。

犬が満足するまでにおいを嗅がせてあげましょう。

その後、ペロリと手を舐めてきたときは、
仲間だと認められた証なので存分に体をなでて
笑顔でほめてあげましょう。
スポンサーサイト



[2012/08/16 15:42] | 犬の話 | コメント(0) | page top
| ホーム |