FC2ブログ
犬が精神的なストレスを感じたときの症状について
人もペットも生きている以上、大なり小なりストレスを感じます。

特に犬は、私たちが想像する以上にデリケートな一面を
持っていますね。

中でも、人が理解できたとしても、犬にとっては理解できない
ことも数多くあります。

突然、知らないところ(ペットホテルなど)に連れて行かれた、
大好きな飼い主が居なくなった(単身赴任など)、引越しや
飼い主に赤ちゃんができたなど、あげればいくらでもあります。

犬が精神的なストレスを感じたときに、最もよくみられる症状は下痢です。

飼い主への依存度が強い犬や飼い主が溺愛して普段は犬の思い通り
生活できている子ほど、ストレスを感じると下痢しやすいようです。

下痢以外にも精神的なストレスを感じたときにでる症状があります。

    体の一部分をずっと舐めたり、脱毛する
    フケの量が多くなる
    同じ場所をぐるぐるまわる
    トイレの失敗をする
    耳が後ろに傾く
    体を震わせる

ストレスを完全になくすことができない以上、犬にはある程度
ストレスに慣れてもらう必要があります。

愛犬には普段から小さなストレスも加えながら、
ストレスに強い子にしてあげましょう。

スポンサーサイト



[2012/09/14 23:17] | 犬の話 | コメント(0) | page top
| ホーム |