FC2ブログ
犬やネコの貧血について
人と同じように犬やネコも貧血になることがあります。

貧血とは血液中の赤血球が基準よりも減少した状態のことです。

赤血球は体内に酸素を運ぶ役割がありますが、赤血球が少なく
なることで細胞が酸欠状態になり貧血の症状がでます。

人の場合、貧血状態になると気分が悪くなり、血の気が失せて
全身に力が入らなくなります。

これと同じような症状が犬やネコにもあり得ます。

犬の場合、お散歩のときに急に座り込んだり地面に伏せて
動かないときは、貧血の可能性があります。

ネコの場合、急に倒れたり体を触っても動かないときは、
貧血の可能性があります。

犬やネコの貧血は、はっきりとした原因が分かっていないようです。

犬やネコの貧血の中でも特に注意したいのが「免疫介在性溶血性貧血」
というもので、簡単にいうと自分の体を守る"免疫"が、なぜか赤血球を
攻撃してしまう病気です。

貧血と聞けば少し安静にしていれば大丈夫と思いがちですが、
免疫介在性溶血性貧血など生死にかかわることもあるため、
普段と様子が違うときは早めに獣医さんで見てもらいましょう。

スポンサーサイト



[2012/11/19 23:45] | 犬と猫の話 | コメント(0) | page top
| ホーム |