スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
簡単にできる冬の静電気対策とは
この時期、静電気がバチっときてびっくりすることがあります。
特に、冬は湿度も低くて乾燥しやすい季節です。

静電気が起こる理由は空気が乾燥しているためです。

犬を抱っこしようとしたとき、バチっと静電気がおきて犬もびっくりして
逃げて行くこともありますよね。

犬に比べると毎日グルーミングをおこなうネコは、体中の毛が適度に
湿っているため、静電気が起こりにくいと言われます。

適度に湿度があれば、人や物などの静電気は空気中の水分に放電される
のですが、湿度が低いと空気中に水分が少ないため放電されず人や物が
電気を溜め込んでしまいます。

そのためバチッと一気に放電が起こってしまいます。

静電気を蓄え続けるモコモコの犬は、体に溜まった電気を逃がすことができません。

そのため、冬場は加湿器などで室内を適度な湿度に保つことが必須です。

湿度計があれば便利ですよ。

もし、静電気が起こりやすいという方は、植物や壁に触れて静電気を
逃がしてから、愛犬を触ってあげましょう。


今年も一年間どうもありがとうございました。

皆さまにとって2013年がすばらしい一年になりますことを願っています。

スポンサーサイト
[2012/12/28 13:43] | 犬と猫の話 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。