FC2ブログ
飯田のハチ公、保健所が保護
長野県飯田市の山中を通る大平(おおだいら)街道で、雑種犬が十日間
以上も飼い主を待ち続けた。首輪がなくどこから来たかは不明。

標高千メートルほどの道路わきに座り、雨や雪が降っても街道筋に居続
けた。この話題が十二日付で本紙の地元地方版に載りホームページで紹
介されると、飯田保健所や本紙に犬を心配する電話が二百件も殺到。

十四日に保護されたが、飼い主の名乗りはまだない。

体長約六十センチの雑種の雄。薄茶色でよく手入れされていたらしい。
今月四日、車で通りかかった人が見つけた。十一日に雪で通行止めとなっ
た街道を下り、約三キロ離れた車止めのゲートまできた。

心配する人がドッグフードなどを置き、それを食べて待っている様子だっ
たという。

連絡を受けた飯田保健所が十一日から、保護に乗りだした。職員を見ると
犬は逃げるため、おりを二基設置。十四日朝、ゲートから十キロほど登っ
た集落跡の大平宿で、おりに入っていた。

記事は、短文投稿サイトなどで紹介され全国に広がった。本紙のホーム
ページの記事には百四十万を超える閲覧があった。

犬の保護を知った岡山市の女性(58)は、本紙の飯田支局に寄せた電話
で「寒い中、ひたすら飼い主を信じて待つ姿をネットで見て涙が止まらな
かった。本当に良かった」と声を詰まらせた。

捕まえようとすると逃げ回った犬だが、保健所では職員に甘えるしぐさも
見せる。置き去りにされたか、猟の途中に飼い主とはぐれた可能性がある。

保健所は二十四日まで飼い主が名乗り出るのを待ち、希望者に譲渡する
手続きに入る。

中日新聞


ご存知の方も多いかと思いますが、私もこのニュースには衝撃をうけました。

まだ飼い主が見つかっていないようですが、無事に職員に保護されたようで
良かったです。

置き去りではなく、猟の途中に飼い主とはぐれた・・であってほしいです。

1217.jpg

スポンサーサイト



[2012/12/17 22:51] | 犬や猫のニュース | コメント(0) | page top
| ホーム |