スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
簡単に犬の耳掃除をするポイント
みなさん、愛犬の耳掃除は定期的にされていますか。

頻繁にやりすぎると皮ふを傷つけるのでよくないのですが、
週に1回程度は掃除してあげたいですね。

とはいえ、耳を触られるのを極端に嫌がる犬も多く、
耳掃除の仕方でお困りな飼い主さんも多いかと思います。

そこで簡単に耳掃除ができるポイントをご紹介します。

コットン(またはティッシュ)を指に巻いて、ぬるま湯か
イヤークリーナーを染み込ませてふいてあげてください。


耳の中の皮ふは繊細なので、綿棒を使うよりも安全です。

綿棒を使って耳を傷つけてしまうと、後々犬は耳を触られるのを
とても嫌がることがあるので注意が必要です。

どうしても犬が耳掃除を嫌がるときは、おやつをあげてながら
耳の入り口だけを掃除して少しずつ慣らしていきましょう。

耳掃除をしなければ、耳のトラブルに繋がることもあります。
頭を振ったり、後ろ足で耳の後ろをかき続けたりするときは、
何かしら耳に異常があると思われます。

犬の耳は多くの皮ふ腺があり、短毛種より長毛種の方が多くあります。

ゴールデンレトリバーやシュナウザー、シーズーなど垂れ耳の犬は、
特に耳の中が蒸れやすい犬種なので注意したいですね。

愛犬のことを考え、常に耳の中を清潔にしてあげましょう。


スポンサーサイト
[2013/01/30 23:27] | 犬の話 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。