FC2ブログ
避難所生活でペットのストレスを軽減するには
関東では、皆さんの節電対応と3連休による企業や工場の停止で、
かなりの地域で計画停電もストップされました。

近々、ガソリンの供給も平常時に戻るようです。

しかし、被災地ではまだまだ避難所生活を強いられてます。
ストレスも相当溜まってきたことと察します。

避難所では、ペットも連れてくることができるところと、
ペット禁止のところがあるようです。

幸いにもペットと一緒に生活できる避難所でも、当然普段通りの
生活とはいきません。

まして、愛犬愛猫からすれば、急に生活スタイルが
変わって戸惑っていることと思います。

16年前の阪神大震災では、避難所でペットが受け入れてもらえず
自動車の中で過ごした被災者がいたり、飼い主が亡くなったり、
避難する時に離ればなれになったペットも多数いたようです。

その時は、犬4000匹、猫5000匹以上が負傷したり、
飼い主とはぐれたようです。

そのうち、保護施設に収容された被災動物の健康状態を調べたところ、
50%以上の犬と猫が異常を示したようです。

大半は、ストレスからくる下痢や嘔吐、血便など消化器系の疾患です。

今回の大震災では、全容がつかめず、いったいどのくらいになるやら、
想像もつきません。

そこで、避難所生活で少しでもペットのストレスを軽減するためにも、
飼い主さんは、「笑顔」で接してあげて下さい。

特に犬の場合は、とても重要です。

笑顔で褒めてあげること
笑顔で話しかけること
笑顔で撫でてあげること

大変な状況ではあると思いますが、ペットには一番の薬です。
飼い主さんが笑顔になることで、ストレスも緩和されます。

まだまだ大変な状況が続くと思いますが、どうか笑顔を忘れず
乗り越えてほしいです。


[2011/03/22 06:10] | 犬と猫の話 | コメント(0) | page top
<<犬同士が挨拶をするときの飼い主さんのマナー | ホーム | 引越しの時にペットのストレスを軽減する5つのポイント>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |