スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
犬同士が挨拶をするときの飼い主さんのマナー
普段の散歩でもそうですが、避難所、引越し先など、犬同士の
挨拶をする機会がありますよね。

犬同士が挨拶をする場合は、お尻のニオイを嗅ぎ合うことです。

嗅覚のすぐれた犬は、ニオイが一番の情報元です。

特に肛門の両側にある肛門腺からの分泌液のニオイは
犬によって違うので、人間でいう"名刺"のようなものです。

  • 犬と出会ったらまず飼い主が挨拶をする
  • 犬を近づける
  • ぐるぐるまわりながらお互いのニオイを嗅ぎ出す
  • 相手の犬が尻込みしたり、嫌がっていたら引き下がる

ポイントは相手が嫌がってる時は、引き下がることです。

たまに、小型犬のチワワと大型犬のレトレリバーなどが、
ニオイを嗅ぎ合っていますが、意外?かもしれないのですが、
小型犬のチワワは自分が小さいとは思ってないようですね。

なので大型犬とも平気で接することができるんですね。
人間の感覚だと体格差があるので、大きな相手でおどおどして
しまいそうですが・・

犬は、人間が思う以上に順応します。
できるだけ小さい時から他の犬と触れ合ったり、散歩のコースを
変えたりして、社会勉強させておきたいですね。

そうすることで、急に環境が変わったとしても、犬も変化に対応
しやすくなりますので。


[2011/03/23 06:20] | 犬の話 | コメント(0) | page top
<<アンパンマンの歌を聴いて思うこと | ホーム | 避難所生活でペットのストレスを軽減するには>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。