スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
原発20キロ圏内のペットや家畜がが餓死してることについて
福島第一原発から半径20キロ圏内の避難区域で、
ペットや家畜の死骸が増えているようです。

日本では放送されてないと思うのですが、米国のある報道番組では、
原発から数キロ圏内の村で、残された動物たちの悲惨な様子を
報じてるようです。

骨と皮だけになったがりがりの犬が、記者から与えられた
弁当を食べる場面が映し出されたようです。

その犬は首輪に縄が掛けられているため、自分で餌を探すことが
できないようです。

地域住民全員が避難して誰もいなくなった村で、餌もなく
餓死して路上で腐敗していく犬の死骸や、自分でロープを
かみ切っている犬の姿などが映し出されたようです。

さらに、ペットだけでなく、牛や豚などの家畜も飢え死にしています。
原発から10キロ圏内のある牛舎では、既に10頭以上の牛が
餓死してるようです。

日本は人口の約10人に1匹の割合で犬を飼い、
約13人に1匹の割合で猫を飼っています。

さらに牛や豚、鶏などの家畜まで加えると、原発から
20キロ圏内では、少なくとも数十万匹の動物が
餓死する可能性があります。

日本の政府も最善を尽くして行動されてるとは思うのですが、
本当に胸が痛くなる気持ちです。

こういった情報ももっとオープンにして、政府だけでなく
海外の人にも協力してもらい、何とか保護できる体制を
つくってほしいと思います。


[2011/04/20 23:39] | 店長の独言 | コメント(0) | page top
<<猫が水を飲まなくてお困りな方へ | ホーム | 猫が簡単にご飯を食べてくれる方法>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。