スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
寒くなると増える病気とは?
少しずつ、寒い冬が近づいてきましたね。

寒くなると増加する犬と猫の病気は、何だかご存知でしょうか。

ペット保険で有名なアニコム損害保険によると、寒くなってくると犬は、骨や関節の疾患が増える傾向にあるそうです。

中でも関節炎がとっても多いんだそうですよ。


アニコム損害保険株式会社


アニコム損害保険株式会社



また、猫は寒くなると膀胱炎が増えてくる傾向にあるそうです。

でも、これにはちゃんと理由はあるんですよ。

犬は、夏でも冬でも外へ散歩に行きますよね。

夏の温かいときは特に異常が見られなくても、寒くなると体が冷えるので、足腰の血行も悪くなって、関節の痛みも感じやすくなるんです。

それで、歩くのを嫌がったり、足を引きずるなどの症状で、病院に通院される方が増えるんだそうです。

また、寒いときは体も冷えていて、関節の動きもスムーズではありませんので、急に激しい運動をすることで、関節に無理な力が加わったり、無理な体制を取ってしまって、関節を痛めてしまうことが多いんです。

人間も、冬は体が冷えているので、スポーツをする前には、念入りに準備運動やストレッチをおこなってから、徐々に体を温めていきますよね。

犬も、人間と同じで準備運動やストレッチは必要なんです。

冬は特にお散歩や運動をする前に、背中や腰を軽くマッサージしてあげたり、血管が集まる関節を温かいタオルなどで温めてあげると、関節はとってもスムーズになりますよ。

冬のお散歩は、最初のうちは準備運動だと思って、特にはじめのうちは、ゆっくり歩くように心がけてくださいね。

また、猫は冬になると水を飲む量が少なくなるので、それが原因で膀胱炎になることが多いんですよ。

人間でも、冬に冷たいお水はあまり飲みたくないですよね。。

お水を飲む量が少なくなると、尿が濃くなりやすくて、腎臓にも負担がかかってしまいます。

また、廊下や洗面所などの寒い所にトイレがあると、排尿の回数も少なくなるので、尿が濃くなりやすくて、結石症や細菌感染によって膀胱炎を発症しやすくなるんです。

冬はお水を人肌程度に温めてから出してあげると、寒くても水分は摂取しやすくなります。

また、トイレのある場所もなるべく暖かく保つようにしてあげると、排尿しやすくなるので、泌尿器のケアに繋がるんですよ。

このような骨や関節の疾患、膀胱炎の恐れは犬や猫に限らず、人間も同じなんですよ。

また、冬に体を冷やすと免疫力が低下するので、様々な病気のリスクが高まってしまいます。

冬はなるべく温かい食事や水分の摂取を心がけるようにして、室内温度の管理にも十分注意してくださいね。(b^-゜)
[2010/10/25 09:52] | 犬と猫の話 | コメント(0) | page top
<<ペット休暇という制度。 | ホーム | ノニってナニぃ? >>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。