スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
犬のお漏らしを治す3つの方法
大昔から群れで暮らしてきた犬にとって
一日中お留守番をするのはとても辛いことです。

毎日お留守番で寂しい思いをしてる犬のもとへ、
夜に飼い主さんが帰宅すると、犬は大喜びしますよね?

玄関に近づいただけで興奮状態になり、扉を開けると
くるくる回ったり、中にはお漏らしする子もいます。

いわゆる"うれしょん"というものです。

うれしょんも2種類あって、興奮しすぎて筋肉がゆるんで
"うっかり"出てしまうものと完全にしてしまうものがあります。

問題は完全にしてしまうものです。
これは、条件反射的にしてる可能性がありますので、
習慣から見直さないといけません。

例えば子犬の頃、トイレでオシッコが出来た時
飼い主さんが笑顔で褒めてあげることで、
犬は「嬉しい=オシッコ」と認識してしまいます。

そのため、長い時間のお留守番の後、飼い主さんが帰宅すると
「嬉しい=オシッコ」ということが条件反射で出てしまうことが
あります。

特に甘やかされて育った犬は、お留守番が苦手な子が多く、
長いお留守番の後にお漏らししやすい傾向があるようです。

そこで、このお漏らしの対策が3つあります。

  • 帰宅時に犬が大喜びしても犬の興奮がおさまるまで相手にしない
  • オシッコをしても飼い主さんが慌てず冷静に拭く
  • いくら鳴いても知らないふりをする

要は飼い主さんが冷静を装うことが重要です。
飼い主さんが過剰に反応すれば、犬は"お漏らしはいいこと"
と勘違いしてしまいます。

この3つを実践すれば、自然にお漏らしは治ってきます。

お漏らしでお困りな方は是非試して下さい♪


[2011/07/13 08:01] | 犬の話 | コメント(0) | page top
<<犬が自分の方が地位が上だと思ってる時にする行動 | ホーム | 犬に錠剤の薬を簡単に飲ませる方法>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。