スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
なぜ「ネコ」と呼ばれるのか?
皆さん、なぜ「ネコ」と呼ばれるのか考えたことはありますか?

いろんな諸説があるので、これが正解というのはありませんが、
最も有名な説は、寝てばかりいるから、
「寝る子」 → 「寝子」 → 「ネコ」
だそうです。

他にも、鼠(ねずみ)をとるから
「鼠をとる子」 → 「鼠子」 → 「ネコ」

大昔は、ネコの鳴き声を「ネウネウ」と呼んでいたらしく
「ネウコ」 → 「ネコ」という説もあるようです・・・

どれもあり得る話ですね。

家の中だけで飼ってるネコの場合、一日に20時間近く
寝る子もいますので、特に「寝子」説はぴったりです。

外敵に襲撃される心配もないですし、ご飯も食べたい時に
食べられます。空調も年間通じて程良い環境にあります。

そう考えると、ネコは毎日ものすごく快適な生活ですね(笑)

ちなみに、ネコの鳴き声の表現方法ですが、
世界共通で「ニャー」や「ミャー」かとおもいきや、
アメリカは「ミャオウ」や「メリョウ」
フランスは「ミャオ」、中国は「ミエウ」など、
国によって違うようです。

いやー世界は広い♪


[2011/08/12 21:26] | 猫の話 | コメント(0) | page top
<<愛犬の健康チェック10ヶ条 【体温・心拍数の健康チェック編】 | ホーム | 愛犬の健康チェック10ヶ条 【便・尿の健康チェック編】>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。