スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
愛犬が落ち込む3つのケース
犬と一緒に暮らしていると、喜んだり寂しそうにしたり
いろんな表情をみせてくれます。

何年も一緒に暮らしてると、愛犬のキモチが手に取る
わかってくるものですが、私たちが思っている以上に
犬が落ち込む時があります。

  • 他の犬をかわいがる
  • ごはんを取り上げる
  • 飼い主さんから他の犬のニオイがする

犬は飼い主さんに褒められることに幸せを感じます。
そのため、理由はどうであれ他の犬がとても
可愛がっていると私たちが思う以上に落ち込んでいる
ことがあります。

ごはんは、犬の一番楽しみな時間でもあります。
例えば、犬がいたずらをしてごはんを取り上げたり
すれば、犬はかなり落ち込みます。

イタズラ=ごはん取り上げが、理解できないこともあり
単純にごはんをとりあげられた、と思う子も多いです。

飼い主さんが帰宅したときに、他の犬のニオイが
することも犬にとってはショックが大きいようです。

犬の嗅覚が優れていることはご存知の通りですが、
ある意味犬はニオイをとても重要視するので、
他の犬のニオイがすれば自分意外と仲良くしてきた
証拠にもなるので落ち込む子も多いようです。

特に飼い主さんへの依存度が強い子は要注意です。
食欲不振になったり、お腹をこわしたりする子もいます。

これらの犬の気持ちもくみ取った上で、
接してあげましょうね♪

[2011/10/25 21:18] | 犬の話 | コメント(0) | page top
<<犬がストレスを感じたときの症状 | ホーム | 犬にしつけをしない時の3つの問題点>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。