スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
トイプードルが警察犬になったニュース
鳥取県警の嘱託警察犬にトイプードル2匹が合格したと県警が29日、
発表した。鑑識課は「全国でもトイプードルの警察犬は聞いたことが
ない」としている。

合格したのは、いずれも雌の茶毛のカリン(1歳)と黒毛のフーガ
(2歳)で、人間でいえば16歳から20歳。ともにペットとして
飼われ、しつけのため鳥取市内の訓練所へ預けられていたが、訓練士
の宮本誠さん(30)が「人との共同作業を楽しむ」という警察犬
には欠かせない素質を見いだした。

鑑識課によると、体力はシェパードに遠く及ばないが、小型犬だけに
人混みでも威圧感を与えずに捜査ができるという。2匹は来年1月1日
付で嘱託を受け、行方不明者の捜索などにあたる。
asahi.com

ちょっと驚きました。。

111129.jpg

見た感じ、ごく普通のかわいいトイプードルですよね(笑)

そんな優れた能力があるとは。。

気になったので警察犬をちょっと調べてみましたが、
警察が所有し使用する場合は直轄犬といい、
警察が実施する試験に合格し警察から非常勤の警察犬として
認められた場合を嘱託犬といいます。

つまり今回のわんちゃん達は"非常勤の警察犬"ということです。

ちなみに、2010年和歌山県警でミニチュア・シュナウザー、
奈良県警でロングコートチワワも"非常勤の警察犬"として
仕事しています。

頑張って捜査活動で貢献してほしいですね!

[2011/11/29 21:21] | 犬の話 | コメント(0) | page top
<<犬が自分のシッポをぐるぐる追いかける理由 | ホーム | 犬が前足を舐め続ける理由>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。