スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
冬に増加する犬の異物誤飲事故
アニコム損害保険株式会社(東京都新宿区:代表取締役社長
小森 伸昭)は、アニコム損保のペット保険「どうぶつ健保」の
保険金請求データを基に、犬の異物誤飲に関する調査を行いました。

月別に異物誤飲が全体の請求件数に占める割合を集計したところ、
12月が最も高く、1月から3月まで高めの傾向が続いています。
クリスマスやお正月、バレンタインなどのイベントが続くこの季節
には、特に注意が必要です。
「冬休みで家族が家にいる時間が長い」、「来客が増える」、「大
掃除や年越し準備などで愛犬から目を離してしまう時間が増える」
などが要因として考えられます。

ペット保険の契約者に異物誤飲で動物病院に通院した経験のある
ものをうかがったところ、「プラスティック製品」「人の医薬品」
「チョコレート」と続きました。「プラスティック製品」「医薬品」
は、人の乳幼児の誤飲事故でも多く発生していて、同様の傾向が
見られます。その他では、「ボタン」「犬用のおもちゃ」などが
多く、飼い主や愛犬に身近なものが、異物誤飲の原因となっている
ことがわかります。

また、クリスマスによく見られるフライドチキンなどの鳥の骨は、
噛み砕いて割れた骨片が消化管などに刺さってしまうことがある
ため、愛犬には与えないようにしましょう。
アニコム損害保険株式会社


やはり12月が一番多い様です。
「プラスティック製品」「人の医薬品」「チョコレート」が特に多く、
0才、1才と年齢が若いほど増える傾向がありますね。

部屋の環境を犬目線でもう一度考え直したいですね。

あと、鳥の骨などはお散歩時に落ちてるのを食べて刺さってしまうこと
もあるので注意が必要です!

[2011/12/19 21:46] | 犬や猫のニュース | コメント(0) | page top
<<抱くと逃げようとする犬をおとなしく抱く方法 | ホーム | オス犬はメス犬をみてカワイイと思うのか?>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。