スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
犬やネコなど動物を見ると癒される理由
犬やネコなどペットを飼われる方は、動物好きの方が多いと思います。

テレビで動物番組をみたり雑誌でかわいい犬やネコの写真をみると
気持ちが安らぎますよね。

これは、人に備わっているDNAに記憶された本能的なものだと言われています。

ペットがお腹を出して無防備なかっこうで寝ているのを見ると
幸せな気持ちになりますが、これも大昔から続くDNAの記憶です。


余談ですが、動物をみて癒されたい方が多いと言うことは、
普段から多くの方がストレスを抱えていると言えます。

ストレスは、恐怖心で緊張したり心拍数が上がったりしている状態なので、
リラックスしている状態に比べ多くのカロリーを体が必要とします。

特に寒くなると持続的に体から熱を出さないといけないので、
夏よりも冬は体が多くのカロリーを必要とします。

そのため夏に比べ冬は食欲が出て、食べ過ぎてしまうことが多いんです。

冬に太りやすい方は、ストレスと寒さの両方が理由で太ってしまうわけです。
[2012/01/24 21:54] | 犬と猫の話 | コメント(0) | page top
<<冬に多くなる犬やネコの病気とは | ホーム | ネコが喉を鳴らすこととオルゴールの関係とは>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。