スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
糖尿病の早期発見がチェックできる2つポイント
最近は犬もも糖尿病になる子が増えています。
男の子よりも女の子の方が多く糖尿病になりやすいデータもあります。

特に、ゴールデンレトリバーやラブラドールレトリバー、
ダックスフンドなどは糖尿病にかかりやすく注意が必要です。

糖尿病の早期発見は、次の2つを普段からチェックしておきましょう。

  • 多量の水を飲みおしっこをたくさんしていないか
  • カロリーを多く摂取しすぎていないか

糖尿病とは、すい臓から分泌されるインシュリンという
ホルモンが不足する病気のことをいいます。

インシュリンは、食べたものをエネルギーに変える時に
必要なホルモンです。

具体的には、血液中のブドウ糖をエネルギーに変えて消費を促進
したり、脂肪の燃焼や体内に必要なタンパク質を合成したりなど、
大変重要な働きをしています。

よく、ご飯を食べた直後は血糖値が上昇するっていいます。
これは、血液中にブドウ糖がたくさんあるからです。

この状態からインシュリンが働いてくれることで、食べたものを
エネルギーに変えてくれるので、普段は何も問題がありません。

血糖値が上昇したままだと、血液はドロドロ状態のため、
動脈硬化の危険性が高まってきます。

また、糖尿病は、腎不全や白内障などの合併症など様々病気を
誘発してしまいます。

犬年齢で7才頃から糖尿病を発症することが多いようです。

糖尿病になると、インシュリンがきちんと分泌されないため、
いくら食べても血液中のブドウ糖をエネルギーに変えることができず、
どんどん痩せていくこともあります。

その血液中の糖分は全ておしっこで体外へ排出されてしまうため、
腎臓はいつもフル回転で負担も大きくなります。

腎不全など他の臓器を悪くすることにも繋がってしまいます。

普段から食事量の管理やおやつの制限、人間の食べ物を与えないなど、
しっかり食事面の管理をしてあげましょうね!

[2012/02/09 21:10] | 犬の話 | コメント(0) | page top
<<犬に噛まれたときの対処法 | ホーム | 犬の食事はお散歩のあとの方が良い理由>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。