スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
犬やネコが貧血をおこす本当の理由
犬やネコも人と同じように貧血の症状をおこすことがあります。

貧血とは、血液中の赤血球が少なくなる症状のことです。

この貧血の状態が続くと犬は元気がなくなってお散歩中でも
地面に伏せて動けなくなったり、動機や息切れをするように
なり、食欲もなくなってきます。

他にも歯ぐきや耳が白っぽくなります。
本来は、健康的なピンク色をしています。

この貧血をおこす原因ですが、犬の場合「タマネギ中毒」が多くみられます。

ご存知のことと思いますが、犬にタマネギやネギ、ニンニクは禁物です。

よくお聞きする話ですと、知らないうちにタマネギなどを与えていた、
ということです。

よくあるのがハンバーグや野菜炒めなどです。
これらの料理は、タマネギやニンニクなど使うことが多いですし、
仮に使っていなかったとしてもソースに混ざってることもあります。

タマネギやネギを食べると、血液中の赤血球が壊されて
貧血や血尿、下痢・嘔吐を引き起こすことがあります。

これらは"加熱"しても与えない方がいいです。

あと、以前飼っていた犬がタマネギを食べても平気だった・・
ということで別の犬にも同じように与える方もいます。

もちろん個体差はありますが、愛犬の健康を考えれば
与えるのは控えて下さい。

ネコの場合ですが、犬に比べて貧血にはなりにくいのですが、
体を触っても動かなかない場合は貧血の可能性があります。

ネコの場合むしろ怖いのは「猫白血病ウイルス」です。

このウイルスは骨髄(血液を作りだすところ)に入って
赤血球を破壊するものです。

感染すると悪性の貧血を起こすことがあります。

ペットの様子がいつもと違う場合は、早めに獣医さんに
診てもらいましょう。

[2012/03/06 18:00] | 犬と猫の話 | コメント(0) | page top
<<犬と一緒の布団で寝ることが良くない理由 | ホーム | 引越し後のペットのストレスを軽減する5つのポイント>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。