スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
犬が怖がって隠れたときに飼い主がとるべき行動とは
犬は怖いときや自分が嫌なことがおこるとわかったときに、
テーブルやベッドの下に潜ることがあります。

いくら名前を呼んでもでてこないことがありますよね。

地震であったり雷、花火、お皿のわれた音、あるいは嫌いな
薬を飲まされるときなんかもそうです。

犬がが狭いところや暗いところに隠れるのは、何か恐怖心が
あるときなので、無理に引っ張り出すと本能的に噛みつこう
とします。

こういうときは、あえて放置してあげるのが一番です。

自分からでてきたときに撫でてあげ、優しく声をかけて
あげるのがベストです。

[2012/03/22 18:00] | 犬の話 | コメント(0) | page top
<<高齢者が犬を撫でることのメリットとは | ホーム | 犬があくびをする2つの理由>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。