スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
小型犬に多くみられる犬の歯周病を予防する方法とは
歯周病にかかっている人の割合は全体の約70%と
言われていますが、犬の歯周病の割合はどのくらいか
ご存知でしょうか?

3才以上の犬に限れば、約80%が歯周病と言われています。

なぜ犬は歯周病になりやすいのでしょうか?

最大の原因は歯垢です。
歯槽膿漏や口内炎など歯石が原因となり歯周病になります。

では、家庭で簡単に歯周病を防ぐにはどうすれば良いのでしょう?

これは、歯を磨いて手入れをするしかありません

ガーゼ・歯磨き用サック・軍手などを使えば、歯磨きが
苦手な犬でも磨きやすくなります。

慣れてくれば犬用の歯ブラシで磨くようにしましょう。

歯周病とは、歯の表面についたプラーク(歯垢)の中で
細菌が増え、周りの組織を壊してしまう病気です。

軽視しがちな病気ですが、悪化すると歯が抜けたり、
菌が心臓や腎臓などに疾患を引き起こすこともある
こわい病気でもあります。

毎日歯の手入れは欠かせないですよね。

特に小型犬は歯と歯の間に食べかすが残りやすく、
歯周病になりやすいので注意が必要です。


歯を磨かない → 歯ぐきの炎症や腫れ → 痛くなる
→ 食欲低下 → 元気がなくなる


こうならないためにも、ぜひ毎日歯みがきするようにしましょう!


[2012/05/01 18:00] | 犬の話 | コメント(0) | page top
<<犬が涙やけになる原因と予防法について | ホーム | 犬にシャンプーをしすぎるのが良くない理由>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。