スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
犬や猫にも相性の良い乳酸菌を見つけましょう。
お腹の健康維持には、乳酸菌の摂取がとっても大事ですよね。

でも、不思議な疑問が出てきませんか。。

体には免疫機能が備わっているので、常に細菌やウイルスなどの異物の侵入を監視しています。

乳酸菌も”菌”ですよね。。

これには、体との相性があるんですよ。

大半の”菌”は、体の免疫機能でやっつけられてしまいます。

でも、体に相性の良い乳酸菌だけは、腸に定住することができるんです。

生きてお腹に届くまでには、とても困難な旅路なんですよね。。

口から乳酸菌を摂取しても、胃酸で死滅して数は減っていきますし、腸に届いたとしても、定住している善玉菌と相性が悪いと、徐々に死滅して数が減っていきます。

また、腸は常に蠕動運動を行っているので、相性が悪いものは、便とともにどんどん排出されていきます。

でも、体との相性が悪い乳酸菌を摂取するのは、まったく意味が無い訳ではありません。

それは、死滅した乳酸菌は、定住している善玉菌の栄養分となって、増殖を助けることに繋がるからなんですよ。

ビフィズス菌は、大半が胃酸で死滅してしまいますけど、善玉菌の栄養分(餌)としての優れた役割があるというのはご存知でしょうか。

またLG21という菌は、「リスクと闘う乳酸菌」と言われてますけど、胃や腸の潰瘍の原因にもなるピロリ菌を抑制する効果があると言われています。

それで、このLG21は抗生物質と違って体には無害なので、医学的にも非常に注目されている菌株なんですよ。

あと、KW乳酸菌というのは、花粉症などのアレルギーの原因となる白血球との関わりが深く、症状を抑える効果があると言われています。

最後に、ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株という菌は、どこかで聞いたことがありませんか。

これは、別名「ヤクルト菌」と言われています。

この菌も、生きてお腹に届くので、腸内の定住菌を増やして、悪玉菌をやっつけてくれると言われています。

乳酸菌にもいろんな種類があるんですね。

また、乳製品を摂取することも、腸内に定住している善玉菌の栄養分となって、どんどん増殖してくれることにもなるんですよ。

なんだか、お腹の中でヨーグルトを作っているみたいですよね。。(笑)

乳酸菌は、体との相性もあるので、いろんな種類を毎日コツコツ摂取することが大切です。

冬場は特に、胃腸の健康に気を付けてくださいね。(b^-゜)
[2010/12/02 10:38] | 犬と猫の話 | コメント(0) | page top
<<犬にあくびは移りやすい? | ホーム | 犬や猫の下痢は、続くようなら要注意。>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。