スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
猫の体臭は、体の異常のシグナル。
猫を飼っている方は、猫の体臭が気になったことはありますか。

猫はいつも自分の体を舐めて毛づくろいしているので、体臭がほとんどありませんよね。

でも、口の中や内臓、耳の中や肛門腺(肛門嚢)などに異常があるときは、臭いが出てくることもあるんですよ。

もし、いつもと体臭が違うな…と感じたときには、何らかの体の異常を疑ってくださいね。

猫は1日のうち、30~50%の時間はこの毛づくろいをしていると言われています。。

こんなにも時間をかけて熱心に毛づくろいをする動物は、とてもめずらしいんですよ。(笑)

これは、大昔の猫の祖先が、水がほとんど無い灼熱の砂漠や乾燥地帯で生き抜くために覚えた知恵だと言われています。

砂漠や乾燥地帯では、1日に何度も体中を舐めまわすことで、体中についた唾液の水分が蒸発しやすく、その時に気化熱が発生して、体の熱を奪ってくれるんです。

それによって体温を下げて、体力が消耗するのを防いだり、水分の摂取量を抑えようとしていたんです。

猫の毛づくろいは、このような大昔の厳しい環境で生き抜いていた野生猫の習性を、今もしっかり受け継いでいるんです。

このような毛づくろいのことを「グルーミング」と言いますけど、このように体を舐めることによって、ゴミやホコリ、ノミなどの寄生虫や糞尿の汚れを取り除けて、いつも清潔な状態でいられることができるんです。

また、皮膚の新陳代謝や内臓の働きも活発にもなるんです。

でも、時には同居している他の猫の体臭がひどくなることで、その臭いによって他の猫のグルーミングの頻度が多くなってしまうこともあります。

また、猫同士のケンカや引越しなどによって強いストレスを感じると、転位行動によってグルーミングの頻度が多くなることもあるんですよ。

逆に、ある時から急にグルーミングを全然しなくなったときには、体のどこかに病気やケガなど異常がある可能性が高いんですよ。。

猫の体臭や普段の行動が、いつもと様子が違うなと感じたときには、心身の健康に異常が無いかどうか、注意深く様子を見るようにしてくださいね。

猫は自分の病気(弱点)は隠そうとしますので、普通にご飯を食べて元気に走り回っていても、決して健康だとは限らないんです。。

飼い主さんは、絨毯やカーペットのグルーミングも忘れずにね。(b^-゜)
[2010/12/08 10:04] | 猫の話 | コメント(0) | page top
<<人も犬も、冬の静電気は大嫌い。 | ホーム | 犬や猫の早食いは胃腸に負担がかかる?>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。