スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
歯が痛いときに犬がする5つのサイン
食事は犬にとってもっとも楽しみなひとつですよね。

楽しみな食事を何才になっても問題なく続けられる
ためにも、口の中を健康に保つことはとても重要です。

歯磨きなどできちんと犬の歯をケアしてるつもりでも、
ケアが甘ければ病気になることはあります。

犬は自分で歯が痛いとは言わないので、出来るだけ早く
飼い主さんが気づいてあげる必要があります。

歯が痛いときの犬のサインは次の5つです。

    フードを口からこぼす
    片側だけで噛んでいる
    フードを食べようとしない
    しきりに前足を口元にあてる
    普段とは違う口臭がする

犬は歯石や歯垢がたまって、歯肉炎や歯槽膿漏などの病気になり
歯が痛くなってきます。

犬の歯痛を気づかずに放置すると、歯が抜けることもあります。

普段から歯磨きをしてあげることはもちろんですが、
これら5つのサインを見逃さないようにしましょう。

[2012/09/21 15:36] | 犬の話 | コメント(0) | page top
<<動物愛護週間:命の大切さ感じて 小学生らが獣医を体験 | ホーム | 犬の涙やけとドッグフードの意外な関係>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。