スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
犬に最低限のしつけが必要な3つの理由
飼い主さんと愛犬の関係はいろんなケースがあります。

犬は"大切な家族"の一員という認識の飼い主さんが非常に
増えましたが、いまだ番犬として飼う飼い主さんもいます。

そのため犬と一緒に暮らすといってもいろんなケースがあります。

例えば"しつけ"ひとつをとっても、しつけ教室などできっちりと
ルールを教える飼い主さんもいれば、ほとんど何もしない
飼い主さんもいるわけです。

ただ、飼い主さんも犬もお互いが楽しく暮らすためには、
もしくは愛犬の健康や長寿を考えた時には、最低限の
しつけは必要です。

犬に最低限のしつけが必要な理由は次の3つです。

    飼い主の指示に従わず、反抗的な態度をとる
    好きなものしか食べようとしない
    すぐに吠えたり威嚇したり迷惑がかかる

犬が人間社会で一緒に生活する以上、最低限のルールは必要です。
それを飼い主さんが教えてあげる必要があります。

犬と一緒に暮らす以上、誰がリーダーか明確にする必要があります。
犬もリーダーシップをとってくれる飼い主さんがいれば安心します。

犬の健康や長寿を考えた時、犬の食事はとても重要です。

犬に好きなだけ食べさせて太らせたり、添加物たっぷりのフードを
与え続けることは、不健康になっても健康になることはありません。

また、周りに迷惑をかけないためにも社会のルールを飼い主さんが
教えてあげる必要があります。

個人的には、完璧なしつけというよりは、最低限のしつけ、ルールを
愛犬に理解してもらえれば良いと思います。

昔と違って今は、しつけといえば褒めて教えることが一般的ですし、
一番効果的です。

褒めることで愛犬とコミュニケーションも図れますし、私たちも
怒るより褒める方がストレスがたまらず健康的ですよね。(笑)


[2012/09/26 14:30] | 犬の話 | コメント(0) | page top
<<ねこの名前の由来とは | ホーム | 簡単にできる犬のいたずらに有効な3つの方法>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。