スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
猫は人の言葉が分かる?
よく、猫はマイペースで犬は従順(忠実)といいますよね。

犬は、ある決まった言葉や号令で、適切な行動を取るようにしつけができることはご存知ですよね。

でも、猫だって飼い主さんがよく口にする言葉は、ちゃんと理解をしているんですよ。

たとえば、、「ごはん」や「おやつ」といった自分にとってうれしい言葉や「お風呂」「お出かけ」といった嫌な言葉だけはしっかり覚えておいて、すぐ駆け寄ってきたり、逃げて行ったりしているです。(笑)

そうやって、ペットにいろんな言葉で話しかけるのも、おもしろいものですね。

また、中には飼い主さんがレバー式のドアノブを回す様子をじっと見ていて、それと同じように真似をしてドアを上手に開ける猫がいます。

これは、飼い主さんに従順(忠実)というよりは、ただ自分にとって都合がいいから真似をしているんです。

でも、それにしても、すごく賢いですよね。。

猫は人間でいう1才半から2才児程度の知能といわれますけど、中には犬のように芸ができる猫もいるそうです。

それくらい、猫はとっても賢いですけど、犬よりもどちらかというと雰囲気を察するのがとっても鋭いと言われているんですよ。

常に飼い主さんの仕草や顔色を伺っているんだそうです。

猫は今でもハンターの血が流れているのですね。(笑)

それで、病院に連れて行くときに「お出かけ」という言葉を一切言わなくても、飼い主さんが怪しい雰囲気で近寄るだけで、その雰囲気(殺気?)を感じて、さっと逃げて行ってしまうんです。。

病院へ連れて行くだけでも異常なほどに怖がって、ストレスでたくさん毛が抜ける子も中にはいるんですよ。

病院がきらいな子には、猫が喜ぶ言葉をかけてあげたり、飼い主さんの笑顔を見せるなど、少しでも安心させてあげましょう。

でも、病気は未然の予防が大事ですよ。(b^-゜)
[2010/10/08 10:07] | 猫の話 | コメント(0) | page top
<<ケンカをするほど仲が良い? | ホーム | 犬も歩けば電柱におしっこ。>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。