スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
犬が咀嚼をしないで食べることの問題点
犬にとって、1日のうちでもっとも楽しみな一つであるご飯タイム。
ご飯を与えると猛烈な勢いで食べてしまう子が多いかと思います。

中には味わいながら食べる子もいますが。

基本的に犬は、飲みこめる大きさでやわらかいものは咀嚼しないで
丸のみしていきます。

飲みこめない大きさのものや硬いご飯は咀嚼せざるを得ませんが。

ところで、咀嚼(そしゃく)とは食べものを良く噛んで食べること、
と一般的には思われていますが、厳密にいえば、噛み砕いて体の中で
消化しやすくし、栄養を吸収することです。

人は咀嚼をすることで、口からアミラーゼという唾液に含まれる消化酵素が
分泌されますが、犬は咀嚼をしてもわずかな量しか分泌されません。
ネコにいたっては全く分泌されません。

もちろん人と犬では体の構造が違いますが、なぜ犬は咀嚼しなくても
問題ないのでしょうか?

それは、人に比べて強力な胃酸で分泌するため、肉や骨でも胃の中で
どんどん消化することができるためです。

犬は飲みこめるサイズであれば、咀嚼をする必要がないとも言えます。

ただし、咀嚼をせずに食べると別の問題があります。

咀嚼をせずにものすごい勢いで食べることによって、
嘔吐してしまうことがあります。

さらに、咀嚼をしないということは、空っぽの胃の中に大きな塊が
入ってくるとともに、空気も一緒に取りこんでしまい、胃腸が急激に
膨らんで負担になります。

その結果、嘔吐しやすくなり胃腸も弱くなります。

また、咀嚼することは、人も犬も脳への刺激になります。
脳細胞を活性化しますので、健康面でもプラスになります。

犬の健康を考えたとき、できるだけ早食いを防いで咀嚼をさせて、
脳と胃腸をケアしてあげましょう。


[2012/11/02 16:51] | 犬の話 | コメント(2) | page top
<<犬が前足を舐め続ける理由 | ホーム | ネコの体臭と健康状態の関係について>>
コメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
[2012/11/05 17:21] URL | 職務履歴
Re: タイトルなし
> とても魅力的な記事でした!!
> また遊びに来ます!!
> ありがとうございます。。


ありがとうございます。
少しでもお役に立つことができれば嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

プレミアムモール 右川
[2012/11/06 18:41] URL | ビガープラス
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。