FC2ブログ
ペットのケガ・事故でもっとも注意したい「異物誤飲」
アニコム損害保険株式会社は、動物のケガや事故の経験に関するインター
ネット調査の結果を発表した。

同社のペット保険「どうぶつ健保」の契約者2329名を対象に行われた調査の
結果によると、ペットのケガや事故を経験したことがあるというオーナーが
47.7%と、半数近くにのぼった。

経験したケガ・事故でもっとも多かったのは「異物誤飲」(15.1%)で、
7頭に1頭の割合で発生しているという。ついで、「脱臼(膝蓋骨脱臼など)
」「外傷(切り傷、刺し傷など)」(ともに6.9%)と続いた。

さらに、発生件数の多いケガ・事故の発生場所の調査では、「異物誤飲」
「脱臼」「骨折」は「リビング」、「外傷」は「散歩中」と、ペットが
日常的によく過ごす場所で多く発生していることがわかった。

また、事故が発生した状況では、「異物誤飲」の場合「家族と同じ部屋で
動物だけで遊んでいた」がもっとも多かったが、一方で「動物とは違う部屋
に家族がいた」「留守中に発生した」など、動物単独での事故発生も多いと
いう。

同社はこの結果を受け、「リビング内にペットが口にしてはいけないものが
落ちていないか、ペットの手の届く場所に置かれていないかなど、危険が
ないかをチェックし、予防対策を取ることが必要」とし、今後はさらに事故
の発生状況や場所、原因などの把握・分析を進めたうえで、予防対策の
提案につなげていきたいとしている。

アニコム損害保険関連プレスリリース


異物誤飲が多いのは納得ですが、その発生場所がもっとも多いのが
散歩中の拾い食い(異物誤飲)ではなくてリビングなのですね。

最近、携帯(スマホ)を見ながらリードを引いてる飼い主も多く目に
するので、お散歩中の拾い食いがもっとも多いかと思いました。

異物を飲みこむ途中で詰まらせてしまう危険があるので、普段から
部屋の中のモノをチェックして、犬の行動範囲内に置かないように
心掛けるしかないですね。

1212.jpg

[2012/12/12 23:08] | 犬と猫の話 | コメント(0) | page top
<<ネコが高いところや狭いところ好んで寝る理由 | ホーム | 犬のお漏らしを治すのに有効な3つの対策>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |