スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
冬場に肉球のケアが必要な3つの理由
先日は関東地方でも朝から大雪になりました。
車の事故も多発したようですが、運転にはくれぐれも
注意したいですね。

さて、大雪が降った理由は急激な気温の低下が原因の
ようですが、気温が下がれば空気が乾燥して体の水分も
奪われて肌が乾燥してきます。

体の防御反応のひとつで、体温を下げないように
皮膚に送る血液量も減り、皮膚の新陳代謝も低下して
きます。

これと同じことが犬の肉球にもあてはまります。

冬場に肉球のケアが必要な理由は次の3つです。

    ひび割れ防止
    脱臼の予防
    炎症の予防

肉球は乾燥してくると、角質化しやすくなってひび割れの原因になります。

肉球が硬くなるとフローリングで滑りやすくなり、関節や腰を痛めたり
脱臼の原因にもなります。

肉球は地面に触れる部分ですから、傷ができるとそこから細菌感染し、
膿が出たり炎症を起こしてしまう可能性もあります。

肉球は成分が浸透するのに時間がかかるため、肉球クリームや
保湿スプレーを使う場合、お散歩の前後に1回ずつ塗ってあげ
ると効果的です。

手ですり込んであげると、マッサージにもなり血行促進にも繋がりますよ。
冬場は特に肉球のケアをしてあげましょう。

[2013/01/16 22:18] | 犬の話 | コメント(0) | page top
<<犬の白内障の発症率 | ホーム | 犬・猫推計飼育頭数 2年連続でほぼ横ばいの21,282千頭に>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。