スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
3時間の帰郷、飼い主と再会
「ライ、おかえり!!」。福島第1原発事故で飼い主と別れ、岐阜県富加町
の施設で暮らす犬20匹が10日、古里の福島県飯舘村に戻ってきた。
現在は福島市内に住む小泉裕隆さん(49)一家もオスの柴(しば)犬「ライ」
(10歳)と久々の再会。つかの間の“家族だんらん”を楽しんだ。

被災犬を預かる岐阜市のNPO法人「日本動物介護センター」(山口常夫理事
長)が、震災2年に合わせ日帰りの里帰りを実現させた。10日午前9時半ご
ろ、飯舘村役場にキャンピングカーで到着した犬たちは飼い主のもとへ。

ライもケージが開くと力強く飛び出し、小泉さんと次女貴子さん(20)、
三女薫さん(18)になでられると、しっぽを大きく振った。

「めんげえ(可愛い)から置いてけ」と父正二さん(72)が、知人の車に
乗った子犬に一目ぼれして家に来たライだった。しかし原発事故で小泉さん
方は計画的避難区域に指定され、一家は11年6月上旬に福島市内の借り上げ
住宅に。犬は飼えず、ライは岐阜へ。「すべて分かっていたのか、暴れること
なくケージに入ってこっちを見たときには泣けたよ」と裕隆さんは言う。

再会後、一家が営んでいた自動車解体工場に一緒に一時帰宅したライは、慣れ
親しんだ場所で周囲のにおいをかいだり、エサをもらったり。「よく枝でブラッ
シングしたよね」「散歩の途中で逃げちゃっても家に帰ってきたな」。
家族は思い出話で盛り上がった。

3時間の再会が終わり、おとなしく車に乗せられるライを姉妹は少し離れた
場所で見送った。「元気でね。また会えるから」

毎日新聞


3時間だけの再会。。本当に胸が痛みます。

人だけでなくペットもまさに被災者だと痛感します。

一日も早く飼い主さんと暮らせることを願うばかりです。

0311.jpg

[2013/03/11 23:30] | 犬や猫のニュース | コメント(0) | page top
<<静電気モップで掃除をするのが良い理由 | ホーム | なぜ犬は犬を苦手な人を瞬時にみわけられるのか?>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。