スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
病院などで犬や猫が肉球に汗をびっしょり掻くのは、強い緊張感や恐怖心を感じている証拠。
皆さんのお家の犬や猫は、病院が嫌いではありませんか。

犬や猫は、緊張したり恐怖を感じると、人間が手のひらに汗を掻くのと同じように、肉球にも汗をびっしょり掻くことがあるんですよ。

動物の皮膚には、汗腺と皮脂腺があります。

汗腺には、さらさらした汗が出るエクリン腺と、べとべとした汗が出るアポクリン腺の2種類があります。

エクリン腺から出る汗は約99%が水分で、体温調節や老廃物の排出などの役割があります。

そして、アポクリン腺には異性を魅きつけるフェロモンを分泌する役割があります。

ワキガ体質の人は、このアポクリン腺が多かったり、汗をかきやすい体質の人に多いと言われているんですよ。

一方、皮脂腺は皮脂を分泌することで皮膚が乾燥するのを防ぐ役割があります。

加齢臭は、この皮脂腺から分泌される皮脂が酸化(腐敗)しやすくなることが、臭いの原因になるんですよ。

犬や猫は人間と違って、鼻鏡と肉球だけにしか、このエクリン腺が存在していません。

全身で汗をびっしょり掻くのは、人間くらいのほんの一部の動物だけなんですよ。

人間は体毛がほとんどありませんので、水分の多い汗を掻いて、その気化熱で体温調節をすることができます。

でも、全身を被毛で覆われている犬や猫などの動物は、汗を掻いても毛が邪魔をして、すぐに体温を下げることができないんです。

また、体の冷却が必要なくなっても、被毛が汗で濡れたままになってしまうので、体温が下がりすぎることになるんです。

それで、犬や猫はハフハフ…という呼吸によって熱を発散させているんですよ。

だから、普段からあまり汗をかかない犬や猫が、肉球に汗をびっしょり掻いているときは、よっぽど強い緊張感や恐怖心を感じている証拠なんです。。

そんな様子を見かけたら、優しく撫でたり、声をかけて安心させてあげてくださいね。

それから、肉球をぷにぷにとマッサージしてみてください。

犬や猫の肉球には神経がたくさん集まっていますので、人間の指圧と同じように、脳への刺激にもなりますし、自律神経の緊張を緩めて、心身ともにリラックスできるようになるんですよ。

犬や猫が病院へ連れて行かれるのは、飼い主さんが思っている以上に、負担が大きいんです。。

だから、病院から帰ってきてからは、下痢や嘔吐をするなど、体調が優れないことだってありますよね。

それでも、犬や猫は自分から弱い部分は見せようとしません。

病院から帰ってきた直後は、なるべくそばにいて安心させあげてくださいね。

犬や猫にとって飼い主さんは、唯一の安心なんです。(b^-゜)
[2010/12/27 15:17] | 犬と猫の話 | コメント(0) | page top
<<糖尿病や動脈硬化などの症状の高齢犬はしもやけになりやすい。 | ホーム | 寒い冬こそ、風邪の予防に冬野菜をたくさん食べましょう。>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。