スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
熊本市動物愛護センターの取り組みとは
9月20日から動物愛護週間が始まっている。動物愛護管理法第4条に
よると、“ひろく国民の間に命あるものである動物の愛護と適正な
飼養についての関心と理解を深めるようにするため”との理由によ
り、この時期が設けられている。

動物愛護管理法とは、動物をみだりに殺し、傷つけ、苦しめること
のないよう、人間社会のなかで動物を取り扱う際の基本的考えを示
した法律だ。しかし、このような法律が施行されているにも関わら
ず、環境省の調べによると、平成22年度に全国の自治体で殺処分さ
れたペットの数は、犬・猫だけでも年間約20万5000頭にも及んでい
るという。

そんななか、熊本市動物愛護センターが“殺処分ゼロ”を目指して
行っているさまざまな取り組みが、行政やペット飼育者などから注
目を集めている。

早速、熊本市動物愛護センターの担当者にお話を聞いてみた。

「当センターでは平成12年の動物愛護管理法の改正を機に、獣医師
会、ボランティア団体、ペットショップなどの方々と熊本市動物愛
護推進協議会を結成し、“殺処分ゼロ”を目標にさまざまな取り組
みを行ってきました。

その結果、平成14年度には393頭の犬・猫が殺処分されていましたが、
平成18年度には59頭、平成21年度には7頭に減りました。また、もう
飼えないからと持ち込まれるペットの数も平成14年度には242頭でし
たが、平成23年度には32頭にまで減りました」


これはすごい成果だ。では、具体的にはどのような取り組みを行っ
ているのだろうか?

「動物愛護管理法には“犬又はねこを終生飼養するように努めるこ
と”との規定がありますので、持ち込みの相談があった場合、とに
かく飼い主の翻意を促します。ときには言い合いになったりもしま
すが、粘り強く説得することで、ペットをもう一度飼い主の元へ戻
すことへ成功しています。また、収容している犬・猫のパネル展の
開催や、ホームページでの公開、さらに“迷子札をつけよう100%
運動”という活動も行っております。

これは飼い主の連絡先を記した迷子札をつけることを徹底してもら
うための活動です。そのほかには、新しい飼い主さんを募集する譲
渡会の開催など、収容された犬・猫の里親探しも積極的に取り組ん
でおります。これらの活動をひと言でいうと“入り口を狭く、出口
を広く”ということですね」


なるほど、収容される数を減らし、譲渡される数を増やすことで、
これだけの成果をあげることが可能になったワケだ。“殺処分ゼロ”
という目標を掲げ、素晴らしい結果を残し、現在もその活動を続け
ている熊本市動物愛護センター。この活動が全国に広がり、少しで
も不幸な動物が減ることを願うばかりだ。

SUUMOジャーナル


先日ニュースでもありましたが、岡山市の保険所でも同じように
市の職員さんが飼い主を説得したり、ボランティア団体と連携して
刹処分の数が大幅に減っているようですが、こうした成功事例が
全国の保険所や動物愛護センターに早く広まってほしいです。

0408.jpg

[2013/04/08 23:19] | 犬や猫のニュース | コメント(0) | page top
<<ネコの聴覚がすぐれている理由 | ホーム | 犬やネコが貧血をおこす理由>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。