FC2ブログ
口のまわりを舐めてくる犬に効果的な2つの方法
帰宅したときに犬が玄関まで出迎えに来てくれるのは、
犬と一緒に暮らす中で喜びを感じる瞬間のひとつですよね。

ただ、その都度、口のまわりを舐められて困るのも確かです。

犬が顔を舐める行為は、オオカミ時代からの名残で、
飼い主に対する甘えの表現のひとつでもあります。

他にも、野生時代は、母犬が食べて吐き戻した食べものを
子犬は離乳食として食べていたので、ご飯をねだる意味も
あるようです。

舐めさせてあげればいいのでは?という方もいますが、
困った点もあります。

犬はお散歩のときにオシッコのにおいを嗅いだり、口の中の細菌も
多いため、舐められるのは決して衛生的ではありません。

家族ならまだしも、来客の方に舐めたりする可能性もあるので、
完全に止めさせるというよりは、常に愛犬の行動を飼い主さんが
コントロールしておく必要があります。

口のまわりを舐める犬に効果的な方法を2つご紹介します。

    飼い主が自分の手の甲を口にあてる
    舐めようとしてきたら「オスワリ」の指示をだす

手のひらですと後から手を洗えばいいので衛生的です。
犬も存分に舐められます。

「オスワリ」の指示ですが、別の指示をだして犬の気を
まぎれさせることが狙いです。

その際、ちゃんとオスワリをしたら褒めてあげましょう。

舐めさせること、別の指示をだすこと、この2つの行動は
飼い主さんがうまくバランスをとってあげましょう。
[2013/05/13 23:14] | 犬の話 | コメント(0) | page top
<<一緒に暮らしたい犬種1位は「柴犬」であることが判明 | ホーム | 避難所のペットOKに=自治体向けガイドライン作成>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |