スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
アルファとアクティブを与えて症状が緩和したわんちゃんのご紹介
こんにちは。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

さて、今週ご紹介するお客さまは、愛知県にお住まいのSさんです。

ミニチュアダックスのココちゃんの画像と一緒に、
サプリメントのご感想をいただきました。


もうすぐ12歳になるミニチュアダックスを飼っています。
右わきあたりにしこりができ、抱っこしようとする痛がるし、
ご飯も歩くこともできなくなり元気がありませんでした。

病院で検査の結果線維肉腫の疑いがあると言われ、このままでは
あと2カ月くらいの命、足の切断すればもう少し生きられると言われ、
家族はその夜泣きました。

家族で話合った結果、まっとうしてもあと5年くらいの寿命、
切断した姿もみたくないし痛みも伴うし、かわいそう・・・・。

そんなことならこのまま余生を家で看とってあげたい・・・。

それでサプリを与え始めてから、信じられないのですが
2日目くらいからご飯を食べたのです。

その後1週間後の検診で病院の先生が、「あれ?骨にしこりが
まきつくように硬かったのが少し離れている」と言われ、
その後、検診に行くたびにしこりが除々に小さくなり、
半年後には米粒より小さくなり、今はとても元気で吠え、
走り、ご飯もよく食べています。

病院の先生も不思議でなぜ癌治療もしていないのに・・・
って言われました。日に日に元気を取り戻していく姿が嬉しくて
本当にこのサプリで救われたんだと感謝しています。


ココちゃんのしこりが小さくなって、食欲も戻ったご様子で
本当に良かったです。

獣医師から余命宣告をうけ、足の切断の話しを聞かれた時の
ご家族の気持ちを考えると胸が痛みます。

ビガープラスを与え始めてから効果が出はじめるタイミングは
わんちゃんによって様々ですが、ココちゃんは2日目から良い
変化が見られたとのことで私たちも嬉しいです。

アルファもアクティブもどちらも高品質のプロポリスを配合しており、
がん細胞の進行を遅らせ、痛みを緩和する効果が見込めます。

さらに、アルファは抗がん作用に特化した配合で、アクティブは
関節の健康を守る配合になっているため、ココちゃんの症状には
とても効果的です。

高齢のわんちゃんのため、心配ごとは尽きないかもしれませんが、
これからも元気に走り、美味しくご飯を食べて、健やかに暮らし
続けてほしいです。


食欲が戻って元気いっぱいのココちゃんです♪
140309.jpg
[2014/03/09 23:03] | お客様の話 | コメント(0) | page top
<<ストマックを与えて嘔吐の症状が緩和したネコちゃんのご紹介 | ホーム | プレミアムアイを与えて症状が緩和したわんちゃんのご紹介>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。