スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
動物を見て癒される理由。
みなさん動物は好きですか。

ペットを飼っている方はもちろん大好きだと思いますけど、飼っていない方も、テレビの動物番組の映像を見たり、雑誌で可愛い写真を見ると、とっても幸せな気持ちになりませんか。

これは、原始時代から人間に備わっているDNAに記憶された本能的なものだとも言われているのをご存知でしょうか。

少しお話しは飛びますけど、、

アフリカのサバンナには、ライオン以外にもヒョウやチーター、ジャッカルやハイエナといった、いろんな肉食動物が暮らしています。

そこへ、何も持たずに無防備な格好で、てくてくと歩くのはとても怖くないですか。
(私は動物園のオリの前でも怖いです…)

昔は今ほど文明は栄えていませんでしたので、警報機やセンサーなどはもちろんありませんし、武器といっても石で作った石器くらいですよね。

それで、牛や馬などの草食動物がのんびりと草を食べている様子を見て、捕食者(肉食動物)がいないということを把握することができたんです。

それで人間も安心して休んだり、寛ぐことができたんですよ。

そして、牛や馬などの草食動物が急いで走り去ったり、慌しくしているのを見ると、人間も捕食者(肉食動物)がやってくるのかもしれない、、という恐怖心で緊張したり、心拍数が上がるなど、いわゆるストレスを感じていたんです。

それで、のんびり休んでいる動物を見ると、人間も、自分の身が安全だということを認識することができるので、リラックスでき、ストレスフリーな状態でいられることができたんです。

そういえば、、家で飼っているペットがお腹を出して、とっても無防備な寝相でスヤスヤと平和に寝ているのを見ると、自分も一緒に、なんだかとっても幸せな気持ちになりませんか。

これも、原始時代からのDNAの記憶かもしれませんね。(b^-゜)

(おまけ)

忙しい現代社会ではたくさんの方がストレスを抱えていますよね。

このストレスは、前述のように恐怖心で緊張したり、心拍数が上がったりしている状態なので、ストレスフリーなリラックスしている状態に比べると、たくさんのカロリーを体が必要とするんですよ。

正しく言うと、大きなストレス(ショック)は食欲を無くしますけど、小さなストレスが持続すると、持続的に体がいつも以上のカロリーを必要として、食欲がムクムクとわいてくるんです。

また、寒くなると持続的に体から熱を出さないといけませんよね。

それで、夏よりも冬は体がたくさんのカロリーを必要とするので、夏場に比べて食欲が出てくるので、ついつい食べ過ぎてしまうことが多いんです。

それで、忙しい現代人は、ストレスと寒さのダブルパンチで、秋から冬にかけて太りやすくなってしまうんですよね。。

もし、ダイエットをしようと思うなら、秋や冬にいろんな趣味やレッスン、運動やお出かけなどをするようにして、上手にストレスをためないことも、実はとっても大事なことなんです。

でも、ご飯の量もほどほどに。。
[2010/10/14 09:25] | 店長の独言 | コメント(0) | page top
<<スイカは天然の万能薬。 | ホーム | ケンカをするほど仲が良い?>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。