スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
下痢や便秘に効果的な「有胞子性乳酸菌」を摂取するメリットとは

高齢のワンちゃんや猫ちゃんの場合、
食欲がなかったり、お腹の"ゆるい"子も多いと思います。


そんな子は、乳酸菌を定期的に摂取して下さいね。


腸の中の善玉菌を増やすことで、腸内環境も整い、
食欲増進や下痢・嘔吐の改善にもお勧めですよ。


子どもの時の腸内は、善玉菌ばかりですが、加齢とともに
減少していき、老年期になると約1%未満まで減少するそうです。


腸の老化が進むと、悪玉菌を撃退できなくなって、
下痢や便秘の原因にもなるようです。


そのような悪い悪玉菌を撃退するためにも、
乳酸菌は定期的に摂取しましょうね~♪


ただ、、そこで問題が・・


乳酸菌にもいろいろ種類があるのですが、
実は、口から摂取しても腸へ届く前に
胃酸で99.9%が死んでしまうのです。。


そこでお勧めなのは、腸まで生きて届く「有胞子性乳酸菌」です。
これは、胞子の殻で菌体を守っていて熱や胃酸にも強く、
口から摂取しても腸まで届きます。


さらに、その胞子は腸管内で発芽して、生きたまま活発に
繁殖していくんですよ。


いい仕事しますねぇ♪


嘔吐や下痢をよくするワンちゃんや猫ちゃんには、
「有胞子性乳酸菌」のサプリメントが胃酸に強くお勧めです。


やっぱり、快腸快便が一番ですね!(笑)


[2011/02/07 23:58] | 犬と猫の話 | コメント(0) | page top
<<愛犬も飼い主さんも同時にストレス発散ができる一番簡単な方法 | ホーム | 犬の歯石予防は歯磨きが一番効果的です。>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。