スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
犬のダイエットに効果的な2つの方法

昔のような番犬や屋外で飼うのではなく、"大切な家族"として
屋内で一緒に暮らすことも原因のひとつかと思います。


当然時代の進歩とともに、ドッグフードも改良されてきました。
結果、栄養も豊富だけどカロリーも豊富な商品も増えています。


さらに、屋内で一緒にくらすことで、ついついおやつも与えすぎる
こともあるようですね。

カロリーの過剰摂取は、太る原因になるので注意が必要です!


さてここで質問です。

ダイエットに一番効果的なことは何でしょうか?


答えは、

  • 1日の食事の量を減らすこと
  • 1日の食事の回数を増やすこと

なんです。

極端に減らしすぎるのもよくありません。

目安としては、現状の50%にすることです。


ただ、いきなり食事の量が50%になったら、
ワンちゃんも戸惑いストレスが増えてしまいます。


そこで、1日全体の量は減らして、食事の回数を増やす
ことで、ワンちゃんの満足度を高めてあげる方法です。

1日に4~6回程度に分けて与えてみて下さい。


ただし、人間の食べ物は与えないでくださいね。
ワンちゃんの健康のためです。


人間と同じですが、ダイエットは継続することが重要です。
わかっちゃいるけど、これが難しいですよね (笑)

残念なことにすぐに効果が見えないんですよね。。


(余談ですが、ワンちゃんの場合、1kg減らすことで
人間で言えば5kgへらすことと同じです)


あと、食物繊維を多く摂取することもいいですよ。
繊維質の豊富な大根の葉やキャベツがお勧めです。


よく運動することがダイエットには効果的、、
と言われることもありますが、個人的には?です。


もちろん運動することは健康維持のために重要だと思います。

それより、食べる量や質でコントロールする方が効果的ですよ♪


肥満は、糖尿病などの生活習慣病の原因にもなりますし、
関節や腰への負担も大きくなるので、十分注意してあげましょうね!


[2011/02/23 23:55] | 犬の話 | コメント(0) | page top
<<犬の老化の兆候がわかる5つのポイント | ホーム | 猫の腎不全を早期発見できる5つのポイント>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。