FC2ブログ
本当はこわい歯周病。犬の歯周病を予防する方法とは
110307.jpg
人間はもちろんですが、かわいい愛犬であっても
口が臭いのは嫌ですよね。。


犬は虫歯になりにくいのですが、歯周病にはなりやすいです。

歯槽膿漏や口内炎など歯石が原因で歯周病を患うことが多いんです。

3才以上のワンちゃんの約80%が歯周病と言われています。


ちなみに、歯周病で歯が抜けてしまった犬は、
急に元気がなくなるそうですよ。


歯を磨かない → 歯ぐきの炎症や腫れ → 痛い → 食事が摂りにくい
→ 食欲低下 → 元気がない・・という流れです。


歯周病とは、歯の表面についたプラーク(歯垢)の中で細菌が増え、
周りの組織を壊してしまう病気です。


軽視しがちなんですが、放っておくと歯が抜けるほかに、
菌が血管をとおって心臓や腎臓の疾患を引き起こすこともあるようです。


そのためにも毎日歯の手入れは必要ですよね。

特に小型犬は歯と歯の間に食べカスが残り易いので、
歯周病にもなりやすいので注意ですよ!


人間同様、犬も歯周病になってしまうと厄介なので、
その前に手を打ちたいですね。


歯周病の最大の原因は歯垢です。

ではどうすれば歯周病を防げるのか・・・

これは、歯を磨いて手入れをするしかありません。


ガーゼ・歯磨き用サック・軍手などを使って、
毎日磨いてあげましょうね。

慣れてくれば犬用の歯ブラシで磨くのがいいですよ。


それでも歯周病を完全に防ぐことはできないようですが。。
(6時間もすれば再度付着してきます。。恐るべし歯周病・・)


3才になるまでに、歯みがきの習慣をつけておきたいですね♪

[2011/03/07 23:52] | 犬の話 | コメント(0) | page top
<<犬や猫の貧血の原因とは | ホーム | 動物病院へ連れて行く前に用意しておきたい2つとは>>
コメント
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |